会社概要 個人情報保護法 お問合せ
 
 
MENU
K-WILL Technology
  ノイズ検出ソフトウェアの開発  
  「匠の眼」で品質監視  
  Video DNA Technology  
  DSCQS  
  技術を通して  
K-WILL Product
  映像・音声自動監視システム
 QuMaxシリーズ
  PROBE12G
  PROBE300
  QuMax 2000  
  QuMax ひかり  
  QuMax Remote  
 多チャンネル監視シリーズ
  NP 2000  
  NP 2000 ターンキーシステム  
  映像・音声検査システム
  ProQ4000M  
  4K対応画像評価装置
  VP4000  
  その他
  画像品質評価サービス  
K-WILL Company
  ごあいさつ  
  会社概要  
  沿革  
  受賞歴  
  導入先  
  お知らせ  
  お問合せ  
  関連リンク  
  トップページ  
 
トップページ >> 4K(12G-SDI)対応 映像・音声品質監視ボード PROBE12G
4K(12G-SDI)対応 映像・音声品質監視ボード PROBE12G
12G-SDIの映像・音声を比較し、ITU-T J.144国際標準方式をベースに、高信頼性の品質監視を行います。
PROBE12Gは、入力された2本の12G-SDI信号(3840×2160P Y/Pb/Pr 4:2:2 10bit)を1枚のボードで比較監視します。1.5G-SDI、3G-SDI及び12G-SDIに対応し、放送局や配信サービスにおける映像監視に必要とされる品質監視機能を、PROBE12Gが実装されたQuMax 1台でカバーします。
これまでお使いいただいていたPROBE300D、PROBE300Sとの混在も可能であり、任意の監視構成を構築して頂けます。HDと4Kのサイマル送出を行う企業様に、監視コスト軽減の切り札としてお勧めいたします。
 
■特長
  • 1枚のボードで2本の入力信号を比較
     例:基準信号(NET)と評価信号(Air受)
  • 1.5G-SDI、3G-SDI及び12G-SDI に対応
  • 4Uシャシの12スロットに、任意のユニットを実装可能
     (従来のPROBE300D、PROBE300Sとの混在も可能)
  • 国際標準方式 ITU J.144をベースに映像品質を測定監視
  • SNMP制御に対応し、Trapによりアラームを通知
 
■製品仕様
項目 仕様
入力信号 2系統(スルーアウト付き)
基準画像入力(SDI1-IN)
評価画像入力(SDI2-IN)
12G-SDI, 3G-SDI, 1.5G-SDI
SMPTE ST2082-1準拠  SMPTE ST2082-10準拠(データ配列)
・ANC:sub image1 に相当するデータのみ処理
対応フォーマット
3840×2160P Y/Pb/Pr 4:2:2 10bit 59.94Hz/50Hz
出力信号 1系統
モニター出力(SDI-OUT)
1.5G-SDI  (SMPTE292M)
(基準画像・評価画像・差分画像の切替可能)
対応フォーマット
1920×1080i Y/Pb/Pr 4:2:2 10bit 59.94Hz/50Hz
機能 測定監視機能 ・PSNR(Y/Pb/Pr)測定監視(閾値任意設定)
・ITU-T J.144をベースに映像品質測定監視(閾値任意設定)
・ブロックエラー
・入力フォーマット、無入力   ・フリーズ、ブラックアウト
・映像ミスマッチ        ・ストライプエラー
・音声ミスマッチ、リップシンク ・Ch別ミュート
・異常音、音声ノイズ
基準信号と評価信号の
同期機能
遅延補償時間
・-10フレーム〜1800フレーム(30秒遅延)
同期方式
・自動同期         ・固定同期
・準自動同期        ・タイムコード同期
■映像・音声品質監視ボード PROBE ラインナップ
 
     印刷用 PDFはこちらから
 
トップページ >> 4K(12G-SDI)対応 映像・音声品質監視ボード PROBE12G